コラム【ジェルネイルで爪が傷んだ?】

  • 2016.12.20 Tuesday
  • 18:45

ひさしぶりのコラムです。

とても長いのでお時間のあるときにお読みください。

 

 

最近、ネイルズバニーには

「他店でジェルをやってもらったら、爪がボロボロになった」

といって駆け込んで来られる方が増えています。

 

 

世間一般でも、「ジェルネイルで爪が傷んだ」という方が急増しているそうです。

しかし、ジェルネイルは正しく丁寧に優しく施術すればそうそう爪を傷めるものではありません

 

では、なぜ「爪が傷んだ」という方が増えているのか。

 

 

根本的な「爪が傷む原因」を読み解いていくと、ネイルサロン側の技術の問題と、お客様の元で起こる問題が見えてきます。

 

 

 

 

 

まず、ネイルサロン側の問題は、施術内容そのものの問題と、「時間」の問題に分けられます。

 

 

・施術内容の問題・

最近ネイルサロンが急増したため、経験の少ない未熟なネイリストがひとりで施術を行う店が増えたこと、未熟なネイリストでも長持ちさせやすい「爪の表面をたくさん削る施術」を行う店が多いこと

 

・時間の問題・

低価格競争により1人のお客様にかけられる時間が減り、「速くて丁寧さに欠ける施術」をせざるを得ず、お客様の爪を大切にする丁寧で優しい施術やお客様への親切な説明が出来なくなっていること

 

 

爪の表面をたくさん削る施術や、未熟な技術による大急ぎの施術(とくに除去)を続ければ爪が傷んでしまうのはあたりまえ。

安いサロンを選ぶなら、この「大急ぎだから雑になる」というリスクは避けられません。

ネイルは出来上がりの見た目ばかりが評価され、アートに時間をかけたいから除去は大急ぎでやってくれ、というお客様が多いのも事実です。

 

色やデザインさえ良ければダメージは気にしないという方にはそのようなお店も良いのかもしれませんが、爪のダメージが気になる方、爪が弱い方はできるだけ丁寧に施術してくれるお店を選ぶべきだと思います。

 

しかし、時間をかけ、丁寧にやるということは、そこに人件費をかけるということ。

それだけ値段が高くなるのは、やむを得ないことです。

 

 

ジェルネイルの施術方法はサロン、ネイリストによってさまざまです。

上手で丁寧な施術をスピーディに出来るベテランネイリストもたくさんいますので、お店選び、ネイリスト選びがとても重要です。

 

現在では、爪の表面をまったく削らなくても長持ちする「パラジェル」というジェルもあります

(パラジェルは高い技術と知識を要するジェルなので、上手に扱えるネイリストはまだ少ないのですが非常に爪に優しいジェルです)

 

 

 

また、ジェルネイルは「除去の技術」がとても大切

 

ジェルと自爪の境目は見えにくいですから、未熟なネイリストが時間に追われてあわてて削ると、爪まで削ってしまいます。

また、アセトンでジェルをふやかす場合にも、削り方が甘かったり時間をかけなさすぎると十分にふやけておらず、無理な力でこそげ取ることになってしまい、これも爪を薄くしてしまいます。

「除去」はとにかく急いではいけない、丁寧にやらなければいけないのです。

 

 

お客様にとってみれば「ただジェルを取るだけなのに、なんで時間とお金をかける必要があるの?」と感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、爪はみなさんが思っているよりもずっと脆く弱いもの。

丁寧に、優しく扱わないとすぐにダメージを負ってしまうデリケートなものなのです。

 

ちゃんと時間とコストをかけて、丁寧な施術をするのが爪へのダメージをなくす第一歩です。

 

 

 

 

 

 

 

では、「お客様の問題」とは。

 

「除去代がもったいないのて、ジェルが取れかけているのを放置する」

「ちょっとでも長く付いていて欲しいから、自然に取れるまで放っておく」

「除去しにいくのが面倒なので、��自分でむしり取ってしまう」

 

これ、1度でもやってしまうと爪に大きなダメージを与えてしまう可能性が高いのです。

 

 

通常、ジェルネイルは装着から3〜4週間が付け替えのタイミングです。

これは、「このくらい経過すると見た目がボロボロになるから交換しましょう」という意味ではなく、爪へのダメージが無く過ごせるギリギリの期間という意味です。

見た目にはボロボロになっていなくても、この期間をすぎると剥がれによるダメージが発生する可能性が高くなるので、その前にきちんとサロンで付け替えましょうというご提案ですね。

 

 

 

では、なぜ自分で除去したり、自然にはがれるまで放置すると爪が傷むのか。

 

理屈を知っていただくと

「なぜプロがあんなに時間と手間をかけて除去をするのか」

をご理解いただけると思います。

 

 

 

 

爪は、一見硬くて頑丈なものに見えますが、実際は髪の毛と同じ「たんぱく質」で出来た脆いものです。

薄い細胞がたくさん重なりあって出来ており、細胞どうしの接着力はあまり強くありません

また、水分を含んでいるため乾燥するとさらに脆くなります。

 

 

ジェルネイルは、3〜4週間もたせるためにかなり強い接着力で爪の表面の細胞にくっつけます。

 

《ジェルネイルが爪の表面に接着する力》は《爪の細胞どうしがくっつく力》よりも強い(※)ため、

 

無理な力がかかると「爪の表面の細胞ごと」ジェルネイルが外れます

 

(※そうでないジェルの付け方もありますが、持ちの日数は短くなります)

 

 

どのくらいの細胞が取れてしまうかは、爪質による個人差もあり、剥がれた時の状況にもよります。

まだしっかりくっついているジェルを無理やりむしりとったり、大きなパーツを服にひっかけた際などに強い力がかかってはがれてしまうと、爪の厚みの半分近くを失ってしまうこともあります。

 

このような剥がれ方を繰り返すと、お風呂が熱くてしみる等の生活上の不都合も引き起こしてしまいます。

また、ここまで薄い爪になってしまうとジェルの持ちが極端に悪くなりますし、ひどい場合は半年以上ネイルをお休みする必要が出てきます。

 

 

そのため、丁寧なネイルサロンでは「爪の細胞どうしがくっつく力は弱い」ということを意識しながら、無理な力がかからないように優しく丁寧に除去するわけです。

 

 

 

長くネイルを楽しむためには、爪の「厚み」を失わないことは必須です。

 

素人の方が、プロが装着したジェルネイルを「自分でダメージ無く除去」するのはほぼ不可能です。

使用したジェルのメーカーによっても適切な除去方法は違いますし、爪のコンディションに合わせた方法を選ぶ必要もあります。

 

インターネット上には「自分でカンタンに除去できる方法」という記事や動画がたくさんありますが、惑わされないで下さいね。

1度やったことのある方はご存じかと思いますが、本当にダメージ無くジェルを除去するのは、かなり難しいのです。

 

 

 

 

繰り返しますが、爪はみなさんが思っているよりもずっと脆く弱いもの。

丁寧に、優しく扱わないとすぐにダメージを負ってしまうデリケートなものなのです。

だからこそ、ネイリストもお客様も、自爪の扱いは優しく丁寧に

 

 

<禁転載>

コラム【自爪が割れるのはなぜ?】

  • 2016.12.20 Tuesday
  • 13:37

冬場に多いトラブル「爪の先割れ」。

ジェルネイルをしていれば防げることが多いのですが、お仕事の事情などでジェルが出来ない方でお困りの方も多いはず。

 

年末の大掃除などで、指先がカサカサになって、爪が欠けてしまった方も多いのではないでしょうか。

 

今日は「自爪はなぜ割れるのか」「どうすれば改善できるか」を詳しくご説明します♪

 

 

 

★爪が割れる「直接の原因」★

 

「爪が割れた」という場合、いくつかのパターンがあります。

 

その1:爪をあまりのばしていないのに、指先からポロポロと2枚爪になって欠けてくる

その2:爪に縦に亀裂が入る

その3:横から亀裂が入り、日に日に亀裂が深くなり指の肉のところまでヒビが入る

その4:伸ばしている爪がパキっと折れる

 

それぞれについて原因をご説明します。

 

 

 

 

◆その1◆爪をあまりのばしていないのに、指先からポロポロと2枚爪になって欠けてくる

 

この割れ方の原因は、乾燥および金属製爪切りによるダメージが原因になっていることが多いです。

 

爪は、パイ生地のように薄い層がたくさん重なって出来ています。

乾燥や衝撃によってこの層の間に剥離が起こると、指先で物を触るたびに小さなひっかかりが起こり、脆く欠けてきます。

 

金属製の爪切りは「爪を平たく押しつぶして切る」という構造になっています。

しかし、爪にはカーブがありますし、パイ生地のような多層構造ですので無理に押しつぶすと断面がボロボロになってしまいます。

さらに乾燥が進むとボロボロの断面が広がってきて、服やタオルなどに引っかかりやすくなります。

 

 

☆改善方法☆

爪は必ず「爪専用のヤスリ」で優しく削って短くしましょう。

爪の断面をオイルで保湿するのも効果的です。

面倒な方、難しくて出来ない方はネイルサロンへ。

 

 

 

 

◆その2◆爪の縦方向に亀裂が入る

 

これは、生まれつきの爪の生え癖と爪の乾燥、加齢が影響しています。

爪の縦筋は爪の「波打ち」によっておこるもので、縦筋の強い部分はそれだけ大きく波打っています。

爪は脆いので、金属製爪切りを使って押しつぶしながらパチンと切ってしまうとその衝撃によって波の凸部分が縦に裂けてしまい、縦割れになります。

また、加齢により爪が厚くなったり、乾燥して脆くなった場合にも縦割れが起りやすくなります。

 

 

☆改善方法☆

自分で補修するのは難しいため、ネイルサロンで処置してもらいましょう。

割れてから時間が経過すると、亀裂の周りの爪が反ってきて、余計に引っかかりやすくなるので早く処置するのがおすすめです。

 

 

 

◆その3◆横から亀裂が入り、日に日に亀裂が深くなり指の肉のところまでヒビが入る

 

これは指先にかかる力が強く、爪の強度を上回ってしまっているため起こる現象です。

思いものを持ったり、重い引き出しや扉に爪を引っかけたりすると起り易くなります。

 

 

☆改善方法☆自分で補修するのは難しいため、ネイルサロンで処置してもらいましょう。

根本解決は、指先を丁寧に扱う以外ありません。

また、強度的にポリッシュ(マニキュア)では補強効果はほとんどありません。

ジェルネイルで爪を補強すると割れにくくなりますのでオススメです。

 

 

 

 

◆その4◆伸ばしている爪がパキっと折れる

これもその3と同じですが、さらに乾燥の影響が強く出ます。

毎週ポリッシュ(マニキュア)を塗り替えたり、洗剤のすすぎ残しなどで乾燥する場合もあります。

 

 

☆改善方法☆

すぐにロングネイルに復活させたい場合はアクリルスカルプチュアでの長さ出しがおすすめです。

(※ネイルズバニーではアクリルスカルプチュアは扱っておりません)

コラム【ネイルアート:その1】

  • 2014.03.05 Wednesday
  • 23:19
今日はネイルアートのお話。

NAILS BUNNYはカラーが豊富なだけではなく、ストーンやホログラム、シールなどのアート用アイテムもたくさんあります。


ネイルアートの代表格といえば、スワロフスキー製のガラスストーンです。
最高級のクリスタルガラスを使っているため、輝きが強いのが特徴です。
色彩も豊富で、キラキラしたゴージャスなデザインにもってこいです♪

また、ネイルアート用のストーンにはガラス製のもの以外にも、アクリル樹脂(プラスチックの一種)で出来たものや金属製のものなど、いろいろな種類があります。

カラーや形状にも流行があるので、ネイルズバニーでは毎月のように新製品を入荷しています♪



下の写真は、私が大好きなホログラム。
R0011261.JPG
ストーンと違ってぺたんこな素材のため、爪の表面に凹凸ができません。
カラーも形状も豊富なので、いろんなアートのアレンジに使えます。
また、パステルカラーなどの「ストーンには無い色」もたくさんあります。




ネイルシールは、手書きだと時間がかかってしまうようなアートに最適。
季節感のあるモチーフや、手書きでは出せない質感のもの、金属のような光沢のあるものなど、たくさんの種類があります。
施術も簡単なので、お手ごろ価格のデザインにはシールを使ったアートもたくさんあります。


どのアイテムも店頭で実際にご覧頂けます。
ご希望の方は、お気軽にお申し付けくださいね♪

ジェルネイルの手順

  • 2014.02.14 Friday
  • 23:47
ネイルズバニーでのジェルネイルの手順をご紹介いたします。


(1)手指消毒
殺菌・除菌効果のあるアルコール類を染み込ませたコットンで、お客様とネイリストの手指を消毒します。
ネイルズバニーでは、病院で注射前に肌を拭くときにも使われる「IPA70%」という消毒薬を使用しています。

(2)整爪
爪用のヤスリを使用して、自爪の形を整えます。
最近の流行は、指先を丸くする「オーバル」という形が人気です。

(3)甘皮ケア
爪の周囲にこびりついている甘皮や余分な角質、小爪やささくれなどを除去します。
ネイルズバニーでは、水を使わない「ドライケア」という方法をとっています。
この方法なら爪が水分を吸わないので、ジェルの持ちがよくなります。
(ジェルを塗る際、爪に水分が残っているとはがれの原因になります)

(4)補修・長さ出し
爪に亀裂がある場合や極端に薄くなっている場合は、補修を行います。
また、爪が折れてしまっている場合は、ご希望に応じて長さ出しを行います。


(5)サンディング
爪の表面に凹凸をつけ、ジェルがはがれにくくなるように下処理を行います

(6)ワイピング
爪の表面に付いている皮脂や水分、ダストをキッチリ拭き取ります。


ここまでをプレパレーションといい、ジェルの下準備にあたる工程になります。


(7)ベースジェル塗布
ネイルズバニーオリジナルの技法で、ベースジェルと自爪を密着させ、ランプで硬化します。


(8)カラージェル塗布・アート
ご希望のカラーのジェルを塗り、ご希望に沿ったアートを行います。
アートデザインはこのブログ内にもたくさんご紹介していますので、ぜひご覧ください。

色やデザインの変更なども可能ですので、お気軽にお申し付け下さい。
ご希望のデザインが予算オーバーの場合は、ご予算をおっしゃって頂ければその範囲に収まるようにデザインの変更などをご提案いたします。


(9)クリアジェルコート
爪の先端(エッジ)と表面をクリアなジェルでコーティングします。
これによりストーンやアートが取れにくくなります。
また、爪の長さに合った厚みを作ることで、自爪を補強する効果が生まれます。


(10)ハンドクリーム仕上げ
毎月変わる2種類の香りのハンドクリームと、無香料のオイルをご用意しております。
お好きなアイテムで仕上げさせて頂きます。


コラム【ネイリストの道具・その1】

  • 2014.02.07 Friday
  • 18:19
ネイリストが使っているお道具類をご紹介♪

【ニッパー、はさみ類】
・キューティクルニッパー(右下の銀色)
これは甘皮やさかむけなどの「余分な皮膚」を切るためのものです。
ネイリストが使う道具の中では、一番高価でデリケートな一品です。

・ネイルカッター(右の黒色)
これはいわゆる「爪切り」です。
家庭用の違って、とてもゴツい見た目をしていますが、重さと握り心地が絶妙で、一度使うとヤミツキです。

・チップカッター(左下の銀色)
これは爪に貼った長さ出し用のチップを切るための、専用のカッターです。

・ストーン除去用ニッパー(下の中央)
ジェルをオフする際、ガラス製のストーンや金属パーツを除去するために使うニッパーです。

・ストレートはさみ(左上)
シールを切ったり、補修用のシルクを切ったり、繊細な作業用の小さなはさみです。
根元から先端までキレイに砥いであり、切れ味バツグンです。

・カーブはさみ(左中央)
主に長さ出し用のフォーム(台紙)を切るためのものです。
先がとがっており、細かい作業にぴったりです。


ネイリストが使う刃物はどれも繊細なので、結構お値段の張るものが多いです。
特に良いものは研ぎなおしをして、大切に長く使います。
R0011255.JPG



【筆】
クリアジェル用、アート用、スカルプ用などいろいろな種類があります。
長さや素材、毛量など、たくさんの種類があり、通常使うのは15種類程度ですが、
ストックを含めると30種類以上持っています。
私は、筆のしなり具合やジェルの含み具合にこだわりがあるので、筆を自分好みにカットしたりしてカスタマイズして使います。

R0011256.JPG



【ファイル(ヤスリ)】
荒削り用、微調整用、バリ取り用、スカルプ用など、たくさん種類があります。
芯の素材には紙・木材・プラスチック・スポンジなどがあり、表面のヤスリの粗さとの組み合わせて、種類は無限にあります。
私は、板状のやすりは通常この3種類しか使いません。

板状のもののほかに、小さなブロック状のスポンジファイルや、マシン用の紙ヤスリもあります。
R0011257.JPG



【ネイルマシン】
毎日の施術のスピードアップに欠かせない相棒です♪

用途にあわせて、先端のビットを交換して使います。
とってもたくさんの種類があるんですよ♪
R0011258.JPG



コラム【肌の色とカラーの相性】

  • 2014.02.02 Sunday
  • 02:06
ネイルズバニーでは、お客様の肌の微妙な色にマッチするよう、350種類以上のカラーをご用意しています。

ざっとこんな感じの量です。
R0011260.JPG

特に、薄いピンクやベージュ系の色は肌との相性が大切なので、たくさんご用意しています。
どのカラーも実際に爪の上にチップを乗せてみて、仕上がりを想像しやすいです♪


ネイルズバニーでは、いかに「お客様の手肌をキレイに見せられるか」というところに重点を置いて色選びを行います。
ですから、たとえば「パステル系のブルー」というだけでも4色ほどご用意しており、お客様の肌色とのバランスを見ながら、どの色にするかを決めていきます。


また、指先の色は季節や生活習慣によっても変わります。
夏は日焼けをしますし、冬は冷えで赤みを帯びたりしますね。
そういった変化にも柔軟に対応できるカラーバリエーションがネイルズバニーの強みでもあります♪


「自分に似合うネイルの色」は、ファンデーションや口紅と同じで、なかなか自分では上手に選べないもの。
ぜひベテランのプロにご相談ください♪


また、納得のいく色が見つからない場合は、新しい色を作ることも可能です。
ジェルは絵の具のように混ぜあわせて新しい色を作ることができます。
こちらも、ぜひご相談ください♪

コラム【長持ちのヒミツ:その2】

  • 2014.01.31 Friday
  • 20:55
先日の続きです。


爪のした処理が終わったら、ベースジェルを塗っていきます。
その前に、
(2)ベースジェルの種類
について、ちょっとご説明します。


ジェルネイルに使用する「ジェル」、これにはたくさんのメーカーやブランドがあり、
それぞれ特徴が違います。

ツヤはキレイだけれど剥がれやすい
カラーは豊富だけれど他メーカーのジェルとの相性が悪い
長持ちするけどオフしにくい
バランスは良いけど硬化に必要な時間が長い
外国産で安全性に疑問が・・・

など、100点満点といえるジェルは現在のところ無く、各メーカーが1歩でもリードしようと新商品の開発をすすめており、毎月のように新しいメーカーが参入し、切磋琢磨しているのが現状です。

このような状況なので、サロンによって選ぶジェルに違いがあります。
ほとんどのサロンは「ひとつのメーカーのラインで揃える」という方法をとっています。
化粧品でいえば、スキンケアからメイクアップまでをすべてひとつのブランドで統一するのと同じです。

しかしNAILS BUNNYでは、それぞれのメーカーの特徴をいかすように選定します。
たとえば、化粧品でも美白が得意なブランド、ファンデが秀逸なブランド、マスカラが得意なブランドが違うように、ジェルにも各メーカーごとに得意不得意があるからです。


NAILS BUNNYでは、独自に探し出した「ベストな組み合わせ」で施術を行うため、
他店では真似できない「持ちのよさ」を実現しています。

コラム【長持ちのヒミツ:その1】

  • 2014.01.30 Thursday
  • 18:16
久しぶりのコラムです♪

NAILS BUNNYのジェルは、なんといっても持ちの良さが特徴です。
ジェルネイルの「持ちのよさ」を決める要素はたくさんありますが、そのなかでも大きなウェイトを占めるのが

(1)ジェル塗布前の爪の表面処理
(2)ベースジェルの種類
(3)ベースジェルの塗り方
(4)爪の先端(エッジ)の塗り方
(5)ジェル全体の厚み

今日からこれらをひとつずつ、解説していきますね。


まず(1)の「ジェル塗布前の爪の表面処理」ですが、
これにはいくつかの工程が含まれます。

まず、手指を消毒しながら爪のコンディションをチェックします。

亀裂が入った爪があれば補修し、折れてしまった爪があれば長さを作ります。
また、マニキュアなどが付いているようならキレイにふき取り、ネイルマシンを使って
甘皮の処理やささくれの除去を行います。

ここまでが下準備。


ここから先がジェルのもちを決める大事な工程です。

まず、「サンディング」という作業で、爪の表面にキメ細やかな凹凸をつけます。

この凹凸のキメの細かさや凹凸の深さが、ジェルの持ちのよさに大きく影響します。
キメが荒すぎたり、削りすぎてしまうと自爪をいためてしまいますし、
凹凸がたりなければジェルがはがれやすくなってしまいます。

その後、爪の断面や裏側に付いたダスト(爪の削りカス)を除去するために
ナイロンのブラシで爪周りをキレイにします。


つぎに、「ワイピング」といって爪の表面をクリーンにする薬品を使って、爪に付いた皮脂やダストをふき取ります。
ジェルと自爪のあいだに皮脂やダストが入り込むと、ジェルがはがれやすくなってしまうので、これも大切な工程のひとつです。



ここまでが(1)ジェル塗布前の爪の表面処理 にあたります。
つづきはまた次回のコラムで♪

★冬のさかむけ・ささくれ対策★

  • 2013.12.11 Wednesday
  • 20:42
乾燥する季節、指先のさかむけが気になりますね~。

さかむけ防止には保湿が第一ですが、お手入れしていてもなかなかキレイにならない方にオススメのアイテムがあります。

それはコレ!「キューティクルニッパー」です。
B.JPG
さかむけは、ハサミや爪切りではしっかり根本から切れないので切っても切っても同じところに何度もできてしまうものですが、
このキューティクルニッパーはネイルケア専用なのでスッキリきれいにカットできます。



A.JPG

爪の横にできる分厚い角質も取れますよ~。
爪の横の皮膚がひび割れてしまう方にとってもおすすめです。

お風呂あがりなど「角質がふやけている」状態で使用するのがおすすめです。
このニッパーは刃の合わせがきれいなので、軽くはさむだけでスッと切れます。


こちらはNAILS BUNNYで販売中。
2100円です♪

ネイル豆知識<6>

  • 2012.11.15 Thursday
  • 20:23
ひさびさの豆知識です♪


今日からは、ネイルの歴史についてお話したいと思います。


みなさん、人類に「爪を美しくする」という概念がうまれたのはいつごろだと思いますか?

ローマ時代?ルネサンスのころ?それとも産業革命以降でしょうか・・・?



答えは、なんと今から4600年も前。
エジプトでピラミッドが作られていた時代です。


メソポタミアでは、有名なクフ王の母、スネフェル王の妃の墓からマニキュアの道具が発見されています。
甘皮をお手入れして、爪を長く美しく見せるという概念がすでにこのころにもあったというのが驚きですね。
また、甘皮のお手入れだけではなく、爪そのものを紅色に染める技術もあり、これまでに発見されているミイラにもネイルが施してあるものがあったそうです。


また、古代の中国では皇帝や貴族が爪の形や色によって職業階級をあらわしていました。
漢の時代になると、遊牧民たちにもネイルが広まり、ベニバナを使った爪染めが流行したそうです。
これは日本にももたらされましたが、とても手に入りにくい貴重品だったため上流階級のステイタスだったそうです。


また、ヨーロッパでは儀式や魔除けの意味でネイルに色を施しており、身分によって使用できる色の制限までありました。
3世紀には、王宮おかかえの「爪磨き師」がいて、毎日王族や貴族の手足の爪をピカピカに磨いていたそうです。




のちのち、これらの文化が混ざり合い、今日のネイル技術につながっていくわけですが、そのあたりのお話はまた次回に。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM